トピックス
スカッとするニュースや女の子のライフハックをテーマにした情報を配信。

PR

正直ワインて良く分からないので「ワインリンク☆ナイト2010」に行ってきた

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 正直ワインて良く分からないので「ワインリンク☆ナイト2010」に行ってきた

winelink1.jpg
 ワインリンク☆ナイト2010とは、ワイン業界への新風として、いま話題の「AR技術」を活用したマーケティングプロジェクトの第1弾パーティ。ワインインポーター業界のトップリーディングカンパニーである「モトックス」の主催です。


 ワインを選ぶときって、赤か白かを選ぶところから、ブドウの種類、どの土地のどの畑の銘柄のものかなど、覚えることが多くて、覚えるだけでもういっぱいいっぱい!

で、結局美味しいの? と知識が先か味覚が先かというぐらい小難しなりがち・・・。

お店によっては、ワイン一本一本にワインの特徴を書いてくれているところもありますが、ないところも多いですよね。そういうときにワインの一本一本にARマーカーラベルを貼り、AR技術を使って、さっと調べられる仕組みを今後展開していくんですって!

 そんなワインをもっとわかりやすくするための今回のプロジェクトパーティ。数十万円のワインを飲めるということもあって楽しみにいきました。

 会場に入ると早速、今回使用するiPhoneアプリ「Wine-Link」をインストールしてくれました。AppStoreにはこれから登録されるそう。ブドウマークのARマーカーをこのアプリで読み取れば、ワインの詳細や楽しみ方、キャンペン情報や生産者からのメッセージなど様々な情報にアクセスできるようですよ。

会場では、3つのゲームが用意されていました。

1.ワインを探せ!宝探しゲーム!(AR技術を用いたiPhoneアプリ使用)

winelink2.jpg Wine-Linkで読み取った3つのヒントから10つのワインの中からヒントに該当するワインを当てるワイン当てクイズでした。ワイン慣れしていないのでマゴマゴしていたら、チラチラと正解のワインを指さしてくれるやさしいお兄さんが☆

次は、

2.どっちのワインが高いでしょう!?


winelink3.jpg まず、赤か、白かを選べました。分かりやすそうなのは赤かなと思ったんですが、白好きの私としては、白の高いの飲みたいというだけで白を選びました。えへ。

Aはスッキリとした飲み口でかつ芳醇な味わいでした。
Bはこちらもスッキリとした飲み口だけどAよりも少し軽いかなと思ったのですが、飲んだ後に匂いが残って香り立つというか飲み干した後が楽しかった。

ということでBにしました。正解でした!やったー。Aは2000円ぐらいのワインでBは1万以上するワインでした。

最後に

3.フランスvsイタリア頂上のワイン対決

winelink4.jpgついにラストゲームです。高級イタリアワインと飲み比べて、シャトー・マルゴーを当てるというもの。シャトー・マルゴーの20万円するワインで、外れのイタリアワインもどちらも5万円するワインとのことで、当たっても外れても高級ワインが楽しめるなんて......!

Aは正直覚えてません。(試飲中からBかCだと思ったのであまり飲みませんでした)
Bは飲んだ後に口の中で香りが残る2番のゲームに似た感じのものでした。
Cは飲む前から爽やか香りがたっており、飲みやすいすっきりとした味でした。

さっき、口の中で香りが残るのであたったのでBを選択しました。
でも残念。正解のシャトー・マルゴーはCのワインでした。

winelink5.jpg ワイン素人でしたが、とても楽しいパーティでした。
ワインのことをわかったなんて思ってませんけど、飲み比べられて、美味しいワインの特徴が少しわかったような気がします。


[関連リンク]

▼winelink
http://wine-link.net/

▼[Wine-Link]iPhone ARアプリをリリース
http://wine-link.net/topics/topics20101109.html

▼[Wine-Link]iPhone ARアプリ
http://itunes.apple.com/jp/app/wine-link/id395904799?mt=8

トピックス過去記事

男が洋式で立って小便すると1回あたり2300滴が床にハネる

女子だけできゃっきゃうふふするイベントふたつ☆

正直ワインて良く分からないので「ワインリンク☆ナイト2010」に行ってきた

人気記事

ブログパーツ

au QUEST 勇者登録して冒険するとガチャガチャでセルレグザが当たる!?

Movable Type

ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング IT用語