トピックス
スカッとするニュースや女の子のライフハックをテーマにした情報を配信。

レポ

美を競う男の子のミスコン「東京化粧男子宣言!」イベントレポート

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - 美を競う男の子のミスコン「東京化粧男子宣言!」イベントレポート

化粧男子

化粧した男の子が美しさを競う、史上初の女装ミスコンイベント「東京化粧男子宣言!~Tokyo Cosme Boy Contest~」が、2009年11月28日に荒川区のムーブ町屋にて行われました。

なぜ、女性はズボンをはけるのに、男性はスカートをはいてはいけないのだろう?
そんな素朴な疑問から生まれたこのイベント。男性が化粧をして美しく着飾ったっていいじゃない。何でだめなの?・・・確かにそうです。なぜいけないのかと聞かれると、答えが見つかりません。

このイベントは、ニューハーフコンテストではなく、出場者はいたって普通の男の子。8名の男性に、1人ずつ女性のスタイリストがつき、男性が女性にプロデュースされる形で、ファッションやヘアメイクがコーディネイトされました。

化粧男子

左から、「ゴシック&80's」がテーマのじゅんさん、 「キャンディーッシュエッジスパイスがテーマの」みなみさん、「花魁道中」がテーマのモルガンさん。

化粧男子

「ギムナジウム探偵」がテーマのmakiさん、「セクシー&ファンタジーTomcoのバーレスクショウ!!!!」がテーマのTomcoさん、「男装麗人」がテーマのMilk-rollさん、「小悪魔なお嬢様」がテーマのるるさん、「ヒステリックブライド」がテーマの暮浩平さん。

化粧男子

審査員は、ニューハーフセクシータレントの月野姫さん、ミス・ユニバース・ジャパンの企画運営を手がけるアイビージージャパン株式会社取締役の谷本龍哉さん、女装家であり性社会史研究家の三橋順子さん、「キャンディ・キャンディ」で有名な漫画家のいがらしゆみこさん、という豪華な4名。

化粧男子

司会を務めていたのは、いがらしゆみこさんの息子で、女装タレントのにしだ奈波さん。キャンディのようなツインテールと赤いワンピースが似合っていました。

化粧男子

イベントの総合プロデューサーとして司会進行も務めていた、井上魅夜さん。

化粧男子

トークショーでは、スタイリングを担当した女性も登場し、化粧をしてみた感想やこの日までの苦労などが語られました。今回が化粧(女装)初体験という方も多かったようで、「化粧した自分を見てイケてると思った?」という質問には8人中6人が"イケてる"と手を挙げていました。

化粧男子

ただならぬ色気を発していたTomcoさん。普段は美術の先生をしているそうです。

化粧男子

一番背が低く、子供っぽいかわいらしさのあるmakiさん。実は最年長で、三十路の会社員。この日のために、抹茶ヨーグルトパックで肌荒れを治したそうです。

化粧男子

あえて「男装麗人」というテーマで、男装する女装というちょっとややこしい女装を披露してくれたmilk-rollさん。普段は、役者としてものまねショーのスタッフをしているそうです。 得意な顔まねは「牡丹と薔薇」の小沢真珠。

化粧男子

そのまんまビジュアル系バンドとしてデビューできそうなイケメンのじゅんさんは、この日のためにダイエットをして、身長158cmで51キロ→49キロに落としたそうです。カジュアルな服とメイクが逆に目立っていたみなみさんは、普段からユニセックスな服を着るのが好きだそうです。

化粧男子

るるさんのスタイリングを担当したひなどりさんは、「わたしよりも、足とかウエストが細くて、正直嫉妬しました。」とコメント。

化粧男子

Tomcoさんのスタイリングを担当したグラニータさんは「彼はおしりが綺麗なんです。」と、後姿の美しさをアピール。

化粧男子

最後に、審査員特別賞と優秀賞の発表。審査員特別賞は、みなみさん&ペキ子さんペアが勝ち取りました。

化粧男子

三橋順子さんと月野姫さんから賞状とトロフィーが渡されます。カジュアルで、そのへんに歩いていそうな無理のないスタイリングが受賞のポイントだったようです。

化粧男子

優勝は、るるさん&ひなどりさんのペア。

化粧男子

いがらしゆみこさんと谷本龍哉さんから賞状とトロフィーが渡されます。

化粧男子

「化けっぷりが一番すごかった。」と語るいがらしゆみこさん。化粧の美しさだけではなく、椅子に座って待っている時のポーズや仕草、表情などが、終始かわいさを保っていたところが評価されていました。

化粧男子

優勝コメントで天然っぷりを発揮していたるるさん。はにかんだ笑顔がたまらなくかわいい。

化粧男子

次回もお楽しみに!ということでイベントは終了。

化粧男子

イベント終了後は、お客さんやテレビの取材陣に囲まれて大変なことになっていた出演者のみなさん。女の子に囲まれて「かわいー!」と写真を撮られまくる、優勝者のるるさん。

化粧男子

るるさんは、普段は普通の大学生。小さい頃から「かわいい」と言われ、遊びで女装もしたこともあるそうですが、本格的な女装は今回がはじめてとのこと。足の細さは「運動してないんで・・・」だそうで、表情に関しても得に意識はしてなかったようです。「また機会があればやってみたい。」と言っていました。

化粧男子

残念ながら入賞出来ませんでしたが、華やかな美しさが目立っていた暮浩平さんは、なんと、群馬県から来ていた18歳の高校生。ビジュアル系バンドのボーカルをやっているそうです。そして、スタイリングを担当した凛さんも、ビジュアル系バンドの女性ボーカル。凛さんはよく男に間違えられるそうですが「男と間違えられるのはすごくうれしい。」とのこと。

化粧男子

テレビの取材を受ける、審査員特別賞を受賞したみなみさん。日テレの「真相報道バンキシャ!」で一部紹介されるようです。

化粧男子

最近やたらと騒がれている、草食系男子、スカート男子、乙男(オトメン)、女装子(ジョソコ)など、化粧をしたり、かわいいものが好きだったり、男らしくないと言われる男性たち。そういった男性が増えてきたのも、「男らしさ」や「女らしさ」よりも、「自分らしさ」が認められる時代になってきたのだと思います。
男の子がかわいくたっていいじゃない。女の子がかっこよくたっていいじゃない。

ビフォーアフターのまとめ

化粧男子
エントリーNo.1:じゅんさん(スタイリング 三条さん)

化粧男子
エントリーNo.2:みなみさん(スタイリング ベキ子さん)

化粧男子
エントリーNo.3:モルガンさん(スタイリング 麻也さん)

化粧男子
エントリーNo.4:makiさん(スタイリング 蒼来さん)

化粧男子
エントリーNo.5:Tomcoさん(スタイリング グラニータさん)

化粧男子
エントリーNo.6:milk-rollさん(スタイリング めいさん)

化粧男子
エントリーNo.7:るるさん(スタイリング ひなどりさん)

化粧男子
エントリーNo.8:暮浩平さん(スタイリング 凛さん)

東京化粧男子宣言

斬新なエアブラシコスメ「ウスルエアラインズ」ラフォーレ原宿に期間限定ショップ

トピックス過去記事

キャバクラやホストクラブで大人気の「デコシャン」専門店

身近なカリスマのファッションコーディネート共有サイト「fukulog」

美を競う男の子のミスコン「東京化粧男子宣言!」イベントレポート

人気記事

ブログパーツ

au QUEST 勇者登録して冒険するとガチャガチャでセルレグザが当たる!?

Movable Type

ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング IT用語