デキレル女子図鑑

Special 「ミラクラー」 トミモトリエ

この記事をクリップ! このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - Special 「ミラクラー」 トミモトリエ

tomimoto001.jpg

 2009年8月6日、東京ナイロンガールズが衝撃の創刊を果たした。
編集長トミモトリエさんはなぜ「ミラクラー」と呼ばれるのか? 酒の席の雑談から約40日という途方もないスピード感で、自身を含めメンバー12名が集結する東京ナイロンガールズを立ち上げた。それもミラクル。だが、それだけじゃない。

 彼女のバイタリティーとガッツと気合いと根性を「もうひとつのThe Making of TNG」の形式で紹介する。

※この記事はトミモト編集長には内緒のサプライズ企画です。:D

トミモトリエ編集長プロフィール

profile_tomimoto.jpg
東京ナイロンガールズ編集長。1976年生まれ東京育ち。アパレルデザイナー、ウェブデザイナーを経て、現在ミラクラーとしてレベルQに所属。世の中をひっくり返すサービスをつくり奇跡を起こすのが仕事。

ブログ:
http://clip.hiniku.com/


はじまり

はじまりは、突然。

tomimoto002.jpg トミモトさんとはじめてじっくり会話したのは6月26日に開催された女だらけの酒の席。それまでは何度かイベントのお手伝いなどで会話する程度で、ミラクラーと呼ばれているすごさの片鱗もまだ理解していなかったのです。

 酒の席は楽しく、女子9名がしゃべり、食べ、飲み、笑い、またしゃべる。普段飲みに行くのは男がほとんどの私も久々に女子の空気にひたっていると突然、トミモトさんが「あのね、女の子だけでおもしろいことをやりたいんだけど。」と切りだしました。

 この瞬間からTNG創刊までの短くも、濃く、楽しく、文化祭の前夜祭が続いているかのような約40日間が始まりました......。

2009年6月26日 酒の席でミラクラーがミラクルの新たな扉を開く

企画書がやってきた!

飲み会の2日後に企画書がやってくる恐るべきスピード感。

kikaku.JPG ちょっと飲みすぎたかな? と思いつつダラダラと過ごしていた飲み会2日後の日曜日、トミモトさんから「企画書」という題名のメールがやってきました。

金曜はおつかれさまー!

で、女子ブロガーで集まってメディアやろうぜという話ちょっと本気の企画書つくってみたので(添付ファイル)見てやってください。
デザインとかコンテンツはあくまでも仮です。
 
 何という恐るべきスピード感! そのメールをリアルタイムで受信した私は即添付ファイルを開き、「何だかとても面白そう」という気持ちでいっぱいになりました。Movable Type(以下MT)をベースに構築したいという要望も受け、社内会議にすぐかける事を即返信しました。ん?でも、そこにあるスケジュールには「創刊予定日8月1日」と書いてあるような......。

2009年6月28日 ミラクラーからミラクルなスピードで企画書がやってきた

社内会議と、トミモトさん同席会議

TNG実現のために、ミーティング設定も早かった

tomimoto003.jpg 社内用にトミモトさんから来た企画書をアレンジし、社内会議の準備を行います。
MT を提供して新たなメディアがスタートする。それだけでも十分に素晴らしいことですが、さらに何か協力できることはないか社内で検討します。検討の結果トミモトさんを交えて再度会議をしたいということになり、3日後にトミモトさんが来社することになりました。このミーティングの設定も今思い返すと絶妙なタイミングだったのです。

 トミモトさんから改めてTNGのコンセプトなどをプレゼンして頂きました。複数のコラムやページを複数ライターが柔軟に投稿したいという要望を受け、正式にMTの提供と技術協力が決まりました。

 会議が終わった後はみんなでオフィス近くの和食屋さんでランチ。小一時間後、ミラクラーはオフィスへと戻って行きました。

2009年7月1日 社内会議
2009年7月4日 トミモトさん同席会議&ランチ

さあ創刊へ向けてまっしぐら

キックオフミーティング以降、創刊まで前のめりで全力疾走。

tomimoto004.jpg 6月末の飲み会に参加していたメンバーを中心に、TNGキックオフメンバーが決まりました。

 キックオフミーティングという名の半分以上が酒と雑談と笑いの会、ランチを食べつつデザインチームミーティング、管理チームミーティングという名の後半酒と雑談と笑いの会、と立て続けにミーティングをします。メンバー登録時やキックオフミーティングで出たアイデアを元に、創刊時に連載開始するコラムの企画を練っていきます。創刊日も正式に8月6日(ハローの日)と決まり、一気に気持ちは創刊へ向かいます。

 全ての陣頭指揮はもちろんトミモトさんがとります。キックオフミーティングの後すぐメーリングリストを立ち上げ、スカイプのグループチャットも立ち上がりました。毎日多数のメールとチャットで企画の相談をしたり、撮影日程を決めたりしながら、コラム企画も徐々に形になっていきます。

 メンバーがゴソゴソ活動しているのが周囲に気付かれはじめた7月16日、ティザーサイトが公開されました。公開直後から周囲に巻き起こる反響を見ながら、さらに気持ちを創刊へ向けて高めていきます。

 平行して、マークアップ担当やぎしたさんとトミモトさんが本格的にサイト構築の作業を進めていきます。それだけでも大変なのに、タイアップイベントのミーティングをしたり、イベントのためのグッズも作ってしまいました。

2009年7月13日 MT環境準備開始、キックオフミーティング
2009年7月16日 ティザーサイト公開
2009年7月21日 デザインチームミーティング
2009年7月23日 運用チームミーティング
2009年7月13~30日 MT環境準備、MTテンプレートコーディング

原稿制作・校正

取材して、撮影して、原稿書いて

tomimoto005.jpg 各ライターが原稿を書くために取材や素材集めを行い、原稿を制作していきます。原稿が出来あがったメンバーから内容チェック、校正チェックの依頼メールやチャットが飛び交います。

 「いや、これは説明が少ないかな。」、「もう少し文章を削ってみたら?」、「このコラム面白い! いいよいいよー!」など厳しくもあり、優しくもあるメールやチャットでの指摘を受け、修正し、また確認依頼メールをする......。OKが出るまで繰り返します。そう、本当にギリギリまで。

地獄

地獄の3日間

tomimoto006.jpg 創刊まであと3日に迫りました。MT環境の準備と原稿チェック、他ナイロンガールズのコンテンツの制作が佳境を迎えます。トミモトさんは家に帰らずネットカフェで仮眠する生活を続け、やぎしたさんと私もほぼ徹夜で作業をし続けます。

8月5日16時 レベルQへ集合(創刊まで残り20時間)

 創刊前日の朝、さらに作業効率を高めないと予定時刻の正午までに作業が終わらないと判断しました。一度休憩をしてからトミモトさんのオフィス、レベルQに集合します。この時既に6日正午まで残り20時間を切っています......。
 
 表示テストなどを繰り返し、コーディングを行います。グループチャットに入ってきたメンバーと一緒に最終の校正や記事の流し込みも同時進行です。

8月5日22時 作業者1名帰宅(創刊まで残り14時間)

 作業に没頭しているうちにあっという間に22時過ぎになりました。この日熱を出していたやぎしたさんは一旦自宅へ帰ります。不安を覚えつつ、目の前の作業をこなしていきます。

8月6日5時 大ピンチ!(創刊まで残り7時間)

 さらに時間が過ぎ眠気がジワジワと襲ってきた午前5時、トミモトさんがポツリとつぶやいた一言で我に返りました。

「そういえばやぎしたさんが起きてこないね......。」

 やぎしたさんがいないとサイトのオープンができません。携帯に電話をしてもむなしく呼び出し音が鳴るだけ。周囲の人に電話しても別の連絡先が分かりません。どうしようどうしよう! 気持ちばかりが焦り、追い詰められる寸前にやぎしたさんが起きてくれました。

8月6日8時 作業者1名眠気に陥落(創刊まで残り4時間)

 ようやく3人体制で作業をはじめて1時間後、猛烈に眠気が襲ってきました。うっかり何か失敗してしまいそうです。トミモトさんがわき目もふらずひたすら作業を続けている中、1時間だけ仮眠を取りました。心の中で「この人には一体どれだけのパワーがあるんだろう......。」と思いながら。

8月6日9時~正午 創刊まで最後のひと踏ん張り(創刊まで残り3時間未満)

 校正が入ったコラムの修正や足りないコンテンツの制作などを一心不乱に続けます。 

2009年8月3日 トミモトさん地獄の泊り込み3日間スタート
2009年8月4日 MT環境準備、MTテンプレートコーディング、メンバー原稿チェック、企画相談に乗るなどエンドレス
2009年8月5日 MT環境準備、MTテンプレートコーディング、メンバー原稿チェック、企画相談に乗る、記事投稿マニュアル作成などエンドレス
2009年8月6日 メンバー原稿チェック、記事流し込み、最終チェックを創刊までエンドレス

天国

創刊の瞬間とリリースパーティー

tomimoto008.jpgのサムネール画像

8月6日12:10 東京ナイロンガールズ創刊!

 最後の最後までバタバタとチェックを繰り返し、やぎしたさんの「よし、公開するよ!」の一言で東京ナイロンガールズは創刊しました。一斉に表示チェックなどを行い、問い合わせ対応や各所への連絡を行います。ようやく一息ついた頃には、14時を回っていました。

 本当にギリギリのところをすり抜けること数回。その時何度「ミラクルだ!」と思ったことでしょう。こうして「ミラクラー」トミモトリエは約40日という驚異的なスケジュールで新たなサイトを立ち上げるという奇跡を起こしました。

8月7日 リリースパーティー

 創刊の熱が冷めやらない翌日、リリースパーティーを渋谷のハイスコア・キッチンで開催しました。来場者50名超の熱気ムンムン、笑顔いっぱいの楽しいイベントで、「楽しいね」、「おめでとう」とお祝いの言葉をたくさん頂きました。

2009年8月6日 TNG創刊
2009年8月7日 リリースパーティー

「我らがミラクラー」トミモト編集長へ一言

ミラクラー」トミモト編集長へTNGメンバーよりラブレター

企画立案から実行にかけての過程が尋常じゃないミラクルさ加減。
会社に一台はおきたい高性能マザーボードなんだとおもいます。(by パルモ)

「硬と軟」「デザインとビジネス」「かっこいいと面白い」「アバンギャルドと真面目さ」など多面的にバランス感覚を持った奇跡的な人。今回TNGプロジェクトでそのバランス感覚を間近で拝見するにつけ、尊敬の念が深まっています!(by crema)

こんなに湧き出るようなパワーと柔軟性が、どうやったらあの体から出るのかホントに叩いたりかじったりして確かめてみたいです!!柔軟でしなやかで、そしてものっすごく強い。知れば知るほど、もっと知りたく、そして自分もこうなりたいと、強く憧れる女性。ホントにミラクラーです!!!(by ぷーこ)

魑魅魍魎渦巻くあのメンバーをソツなくここまでまとめあげたミラクル猛獣使いトミモトさん。
彼女のアメとムチにかかればイチコロです。東京ナイロンガールズに限らず、おごる.TVとか自分屋とかあんなサービス実行するなんてホント頭おかしいくてオモシロイです。まさにミラクラー。いつもオッパイばっかり見ちゃってすいません。(by まめこ)

「百式とかGIGAZINEとかの呪文が使える女子ブロガー集めたら面白くない!?」
そんなノリで始まったアンチスイーツナイトから約1年。まさか、酒の席の話で、ほんとにこんなスカッとする女子メディアができてしまうなんて、想像もしてませんでした。。。
トミモトさんのそのアイディア、瞬発力、そして実行力には頭が下がります。まさにミラクラー。ハイパーミラクラーや。いつか伝記を出してほしいっす。いや、まじでコレ。(by マチルダ)

ズバッと決断して、サクッと作って、スカッと創刊した「東京ナイロンガールズ」。スピード感あるサイト制作は、トミモトさんじゃなきゃできなかったと思います。これからもいろいろなところでミラクルを起こしていってください!(by yumi)

最近知り合ったところで、このお姉さんのこともっと知りたい!と思ってたところにナイロンガールズに誘われて。今は一緒に何かさせてもらえるのがうれしくて、ナイロンガールズとしてどんどん面白い出来事や人といっぱい出会えて、こんな機会を与えてくれて本当にありがとうです。

まだまだこれからだというのになんだコレ(;´∀`)

でも、トミモトさんの周りでは、不思議が本当にいっぱい起こる。トミモトさんが起こすから。そんなお姉さんと出会えたこと、私にとっては例えていうなら「空からお姉さんが降ってきた」ってかんじなのです。トミモトさんと一緒なら、ラピュタが見つかる気がします。(by 亀本さやか)

いろんな経験をして、いろんな思いをしてきたんだろうなと思うのです。アイデアや企画力はもちろんだけど、強さとしなやかさ、そして優しさを持ったあなたが好きです。(by あや)

トミモトさんのTNGに対する想い・行動力がなければTNGはこの世に生れていません。その想いに賛同して参加させてもらえたことに感謝です。本当にありがとうございます。
これまで、私の中で「人気ブロガー・トミモトリエ」でしたが、熱く・かわいく・たくましい、まさにナイロンガールなミラクラーだ!と、今は思っています。トミモトさん、大好き!(by かねとも)

創刊まで、そして創刊した後も一緒にほぼ寝ずに過ごした30時間は忘れません。周囲がへこたれても、決して弱音をはかず黙々と作業をし続ける姿は最高でした。細やかな心遣いと優しい人柄が、たった40日間という短い間に様々な奇跡を起こしたんだと思います。
これからもよろしく!(by Ya-ko)

はじめて『自分屋24』『hiniclip』を見たとき、liveカメラの動画を見て「このひとは何をやっているの!!?」とものすごい衝撃が走ったのを今でも覚えています。それを見なければ、わたしはダダ漏れは始めていませんでした。
誰も考えないこと、考えているけど実行に移していないことを「ズバッ ババババッ」とやってしまうのがトミモトさん。我らが隊長トミモトさん! これからもついていきます!!! (byそらの)

Ya-ko | 2009.08.12 19:26  | コメント(3)

コメント(3)

わわわ
わたしだけトミモトさんへの愛のメッセージが遅れてしまったので、コメントの中心で愛を叫びます!


はじめて『自分屋24』『hiniclip』を見たとき、liveカメラの動画を見て「このひとは何をやっているの!!?」とものすごい衝撃が走ったのを今でも覚えています。
それを見なければ、わたしはダダ漏れは始めていませんでした。
誰も考えないこと、考えているけど実行に移していないことを「ズバッ ババババッ」とやってしまうのがトミモトさん。
我らが隊長トミモトさん! これからもついていきます!!!

そらの

そらのちゃんwww ということで追加しました!

ミラクラーの奇跡は今後も続くと思われ、
このところ続いた豪雨もその一つと思われ、
唯一心配なのは健康面くらいと思われ、

適度に休みつつ、バリバリ仕事してください!

Special 「ミラクラー」 トミモトリエ

Ya-ko
いつかは呼吸するようにブログが書きたいと夢見るブログ業界の片隅にひっそりと生きる人。基本的に非モテのネット系リア充属性。好物:写真を撮る事、スポーツ全般、友だちと遊ぶ事、美味しい物を食べる事。大好物:写真を撮る事(デジタル一眼、フィルムカメラ、トイカメラ、ポラロイド所有)、サーフィンしつつ波間で海に浮かぶ事。
BLOG:Ya-ko’s Voxies

au QUEST 勇者登録して冒険するとガチャガチャでセルレグザが当たる!?

Movable Type

ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング IT用語