東京ラテン女子生活

東京ラテン女子生活

初心者のためのブラジル音楽の魅力 vol.4

 また前回の記事から随分時間が経ってしまいましたが、皆さんご機嫌いかがでしょうか。Webデザイナー兼サルサダンサー見習いのcremaです。


 今日は今までの記事と少し趣向を変え、ラテン音楽の1ジャンルとも言える「ブラジル音楽」に目を向けてみましょう。平均的な日本人が想像するブラジル音楽って、浅草でイベントがあるような「サンバ」でしょうか? あとは、カフェでよくかかっているような「ボサノバ」?


 実は、もっともっと奥深いのが「ブラジル音楽」。その魅力を知りたくて、ブラジル音楽を愛するDJ haraguchicさんと道玄坂のブラジル酒場「Bar Blen blen blen」で待ち合わせ、ブラジル料理のフェイジョアーダ(黒豆と肉のシチュー)を食べながらインタビューしてきました。

haraguchic.jpg

続きを読む

2010年11月11日     このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ラテン女子生活

ラテン文化の代表「サルサ」の魅力に迫る!(前編) vol.2

 こんにちは! 第1回から第2回の更新の間に年が明けてしまったcremaです。皆さんに私のことを覚えていていただけてるか相当心配ですが(汗)、い かがお過ごしですか? わたくし、サルサとブラジル音楽が大好きな、ラテン系Webデザイナー女子でございます、念のため。

 さ て、この連載の第1回では、スペイン語教室をきっかけに、私がサルサを習い始めた経緯をお話したのでした。 しかし「サルササルサって言うけど、具体的イメージが 湧かないんだよね」という方に詳細をお伝えするため、ここで私のお師匠さまにご登場願いましょう!

続きを読む

2010年01月08日     このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ラテン女子生活

ラテン世界との出会いは、スペイン語教室から。 vol.1

 あなたの日常生活に、ラテン成分は入っていますか?

 サルサを習って3年半、クラーベのリズム(※1)を聴くと自然と踊りだすラテン系(笑)デザイナーのcremaが、身の回りのラテンな出来事を書き綴り ます。ナイロンガールズな皆さんをラテンの世界に引きずり込んじゃえ! という予定のこのコラム。スペイン語、サルサ、ボサノバ、サンバ、中南米各国の料 理など、それぞれに精通したゲストもお迎えする予定です! 一緒に濃ゆーい色気のあるラテン女子を目指しましょう!

 はじめまして! crema(くれま)です。フリーランスのWebデザイナーで36才既婚、子供はおらず、プログラマの夫と2人でバタバタと働く日々を送っています。

 さて、一日の仕事が終わった午後9時過ぎごろ。シャワーを浴びて、ちょっとだけ露出度高めの服に着替え、大江戸線で六本木を目指す。週に1~2回はそんな「不良妻」をしている私ですが、一体なにをしているんでしょう? 実は、すっかりアディクト(中毒)となってしまったサルサを踊りに、サルサクラブに通っているのです......。

ph_crema_01.jpg

 世間様から色々心配されるので、いままではサルサの事をあまり書かないようにしていた私。しかし、東京ナイロンガールズのメンバーになれたのは、この上もないチャンスです! それを活かして、なぜこんなにサルサを初めとするラテン文化に心を惹かれるのか、自分なりに解き明かしてみたくなりました。ラテン文化に興味のある方もない方も、ぜひご一緒に楽しんでいただければと思っています!

 ページの最後にちょっとした用語集も付けておきました。本文と併せて読んでいただければ、ちょっとした豆知識も身に付くかもしれません(笑)。


続きを読む

2009年08月06日     このエントリーをはてなブックマークに追加

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ