トピックス

イベント

視界が花火で埋まる! 感嘆詞を失う新潟・長岡の復興祈願花火フェニックスが凄い

このエントリーをはてなブックマークに追加

sisei-p02



花火と言えば夏の風物詩ですが、これを一度見たら「花火観」が変わります。
本日開催予定の長岡花火がとにかく、すんごいんです。


祭の起源は1945年8月1日に襲われた長岡空襲の復興を願って、翌年から開催されました。
花火大会の起源はもっと古く、1989年に地元のお祭りに合わせて遊郭関係者がお金を出しあって花火350発を打ち上げたのが始まりと言われ、「長岡まつり」と名前がついたのは1951年のこと。

それから毎年、曜日に関わらず長岡祭は8月1、2、3日の三日間行われ、毎夜花火が打ち上げられてきました。

日本一長い川・信濃川を使って日本最大級の花火「三尺玉」(三尺=約1m)が打ち上げられます。


あまりに大きいので全景を撮るにはかなりの距離が必要です。サイレンは今年からなくなってしまうそう。



元から花火大会の歴史がなく、有名だった長岡花火ですが2005年に事件が起こります。
7.13水害、中越大地震、豪雪の3つの自然災害です。

このことで長岡はもとより、新潟は大きく傷つきましたが“復興元年”として、常軌を逸したスケールの花火を完成させます。
それが、何度でもよみがえる不死鳥の名を持つ「フェニックス」です。
平原綾香さんの『Jupiter』に合わせて打ち上げられます。

複数箇所から打ち上げられる大パノラマは、空全体、視界全体が花火に包まれ、誰も体験したことのなかった異世界。

言葉で書いても伝わらないと思うので、動画でも。


息つく暇のないスピード感もすんごい。絶対「え? まだ続くの!?」ってなります。しかも同じスケールを連日やります。



かなり早い段階で、自分の中の「きれーい!」「スゴーい!」「オオォー!」を出し切ってしまう為、最終的には声が出ず、涙が出ます。

その爽快感たるや「スカッとする」と言う言葉じゃ足りません。
「呆然」です。


Ustreamでもいろいろなところが中継するようです。
そしていつかは、本物を見に来てください。
こんな花火が、日本でやってるんですから。

え?
私ですか、今年は行きますよ!

みなさま、毎年8月2・3日ですよ!
待ってますからね!


長岡花火インターネット中継(オフィシャル)
のんびりした解説がなかなか面白い。

ほぼ日刊イトイ新聞 長岡花火が見える窓。
準備中の裏側も取材してくれるリアルタイム更新も楽しみ。

フェニックスオフィシャルサイト
あまりのスケールの大きさから赤字が嵩み、募金を募っているフェニックス。

映画「この空の花 -長岡花火物語」
新潟県民もびっくり。まさかの映画化!

written by コヤナギユウ

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ