トピックス

トラベル

「千と千尋の神隠し」の舞台?! 台湾にある商店街が、超ノスタルジック!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

千と千尋 画像1
そこにはまるで、映画の世界に迷い込んだような空間が……。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」で、お父さんとお母さんが、謎の食べ物を無断で食べ、豚になってしまうという、あの強烈なシーン。
そのモデルとなったといわれる町が、台湾に存在するらしい……?!


台湾の首都である台北から、バスで約1時間。
山道を通り、「舊道(旧道)」というバス停で下車をすると、まるで映画の世界に飛び込んだような、レトロな光景が広がっていました。

千と千尋 画像 2
街の名前は“九份(きゅうふん)”と呼ばれ、坂道や階段の多い小さな街のようです。

「基山街」というこの道は、なんと道幅が2~3メートルという狭さ。
この狭い道に、お土産屋や飲食店などが立ち並んでいます。


千と千尋 画像3
千尋の両親のように、食べ物の匂い誘われそうになる……。

そしてわざと作られたような、小道や階段がザ・ノスタルジック!!

千と千尋 画像4

千と千尋 画像5

ガチでレトロっす。

さらにこの道を歩いて、ちょうど突き当るところにも、絶景がありました!

千と千尋 画像6

九份の街を見渡せちゃいます。

千と千尋 画像7
この辺りには、たくさんの猫がいました。

この街は昼と夜では雰囲気が違うらしく、九份名物の、赤い提灯が点灯し始めるころがベストなんだとか。

千と千尋 画像8


方には点灯するようです。

千と千尋の神隠しを、知らずとも楽しめる街「九份」。
迷路のような道と石畳の坂を、歩いているだけで、私の気分は千尋でした!


台北から九份への行き方(解りやすい)
All About 九份
スタジオ・ジブリ


Written by 石井小百合

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ