コラム

女社長漂流記

感情論に流されっぱなしの理論的風な「恋愛プロ論」【女社長漂流記 乙 vol.10】

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真(11-11-10-20
恋愛前線離脱も甚だしい極めて最近のコヤナギユウ(寒い)

憶測の数字から見える不運な合致。
恋バナを理論でひも解く非モテ考察。


先日から始まった三谷晶子さんの新連載「腹黒い11人の女」が人気だ。

WEBマガジンの御法度と言われる長い文章にも関わらず、リアルな内容が人を引きつけているのだと思う。恋愛模様を切り口とした「女」という生き物のリアルだ。けれど、このリアルな女たちの生息域と、自分が生きている生息域が違うと感じる人もいるだろう。

一昔前に「勝ち組」「負け組」なんて言葉が流行ったけれど、最近では「リア充」とか「非リア充」とかいつだって人種は二極化してるのだ。



まずは「恋愛対象」を明確化してみる


理想は決して高いわけじゃないのに、なかなかステキな人と巡り会わない。
女だらけの恋バナに花を咲かせていると、必ずこの話題で行き詰まる。
もっというと一旦「理想」やら「ステキな人」やらを置いておこう。

今までの経験上、変に恋愛に臆病になっている、というところを差し引いてもどうも「恋愛対象」が少なすぎるんじゃないか、という話になった。

たとえば、場所はどこでも良い。男女の語りよりが出そうもない、電車のホームや道行く人を眺めてみよう。
ひょっとして知り合いが歩いていたって見逃してしまうくらいの人通りがあるにも関わらず、あなたの琴線に触れた人が、何人いたか。

そもそも「恋愛対象」となるひとは
どんなタイプだろうか。

適度にお話が出来て、
適度に服装もそれなりに、
適度に働いていて、
あとは優しくて、ウソをつかない、まっすぐな人…

そう考えていないだろうか?



女の恋愛前線には約8割が立っている


出生率から考えて、同世代の男女の差はそれほどないはず。
同じ比率ということで、男10、女10としよう。

なにかしらのトラウマや怠けにより、
恋愛前線から脱落してしまった人を今まで出会った雰囲気から2とすると、
8が恋愛活性層といえる。

そのうち、3くらいは社会に出る前から「モテ」を意識して生きて来た「プロ」だとしよう。

女10 = 2・脱落、3・プロ、5・アクティブ層


おそらく、「腹黒い11人の女」に出てくる女たちは「プロ」、
私は「アクティブ層」だろう。
(アクティブ層内の細分化は話題がボケるので置いておく。結婚とか恋愛とか諦めていないという意味でアクティブとする)

つまり、女は全体の約8割が恋愛前線で戦っているということになる。



では、男性側はどうだろう。

男性にも幼少から「モテ」を意識して生きてきたプロは2はいるとする。
(それでも多く見積もっているつもりだ)

問題は次なのだ。
男性の「脱落層」の多いこと!

休止しているだけでその気でないってわけではなさそうだが、
「草食系」なんて便利な言葉も出来て、感覚的に「5」に余る勢いで存在している気がする。
するってーと
男10 = 5・脱落、2・プロ、3・アクティブ層


アクティブ層はたったの3ですよ!



男女によって差のある「売れ線」層


女性の場合は美意識やらたしなみやらスキルの高いプロ階級から売れていくのものですが、
男性の場合はちょっと違う。

みんなの理想はだいたいこうだもの。

適度にお話が出来て、
適度に服装もそれなりに、
適度に働いていて、
あとは優しくて、ウソをつかない、まっすぐな人…


主に1つのターゲットに対して
働きかける女のプロとは違い、
たくさんの女性にモテようとする男性のプロと呼ばれる人達は
女たちのメーンターゲットではないのだ。

そう!
なんと、驚くことに女プロ3+アクティブ層5=8で
男アクティブ層3を
取り合ってることになるわけですよ!

しかもこの数字の不運な合致を見てください。

男アクティブ層・3
女プロ・3


…完全に「女アクティブ層・5」があぶれちゃってるじゃない。


10年選手に、すべての努力家が敵いますか?


男性側、もしくはこれを読んでいる女プロからはこう言われそう。
「じゃあ、頑張ってプロになれば?」と。

あなたの職種で考えて欲しい。

あなたはその職業、勤続何年?
3年?5年?10年?

モテのプロは早ければ小学生から、
ピチレモン読みながら好きな男の子に振り向いてもらうおまじないを掛けたりしてるわけですよ。
中学生にはセブンティーン片手に「初デートのドキドキコーデ☆」とか研究してるわけですよ。
高校生時分にはもっと差がついていて、ナンパされて奢らせる隙のつくり方までカンペキにマスターしているわけですよ。

あなたが大好きなバンドの出生やその楽曲のコードをひも解いてるその隙に、
あなたが明治時代の文明開化に精通しているその隙に、
あなたがなけなしのバイト代で洋服をコレクションしているその隙に、
私がCMYKとRGBの違いに感銘を受けているその隙に、ですよ。
その「職歴」たるや歴然ですよね。

10年選手に、すべての努力家が敵いますか?!と。



しかし腐らずしなを作れ


気に入られようとしなを作る女が可愛いのは、仕草が可愛いのではない。
そこまでして好かれようとする心意気が可愛いのだ

と男友達に教えられ、なるほどと膝を打つことがあった。

大切なのはプロとしての完成度の高さではなく、ストレートな心意気なのだ。
しなを作るのは媚びを売ることではない。
「あなたに気がある」という伝わりやすいサインなのだ。

だから「遅過ぎる」と腐らずにプロを目指して努力すべし!という、男性の意見は非常に励みになった。
私も遅咲きも遅咲きながら、モテに関してもう少し意識を持って成長していきたい所存だ。

と、ともに…!

男性の脱落層に対しての活性化運動を計っていきたい!
是非に!

でも、どうすりゃいいの?
そもそも「あなたに気がある」ってサインを送りたい相手がいないって話じゃなかったっけ?

いやいや、そのまえに自分が脱落層に行かないよう、気をつけよ。
だって、こんなこと言ってたら、もう十分脱落予備軍な気がするもの。
はぁー、モテねぇモテねぇ。



01

コヤナギユウ


イラストレーター・デザイナー・プランナー・エディター。(株)yours-store代表取締役。77年新潟生まれ。路上でイラストポストカードを販売、 口コミで話題になり21歳で画集「and you.」(サンクチュアリ出版)を出版。渡米以後雑誌連載、グッツ展開を経てデザイナーに転身。2007年より法人化。2010年、下北沢にリアル店舗 「yours-store」を構え、同年に12年ぶりの著書を出版。
BLOG:i live you
TWITTER:KoyanagiYu
COLUMN:女社長漂流記 乙

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ