ラーメン女子

ラーメン撮影、3つの“基本ルール”とは? ラーメン × 本谷亜紀【vol.4】

このエントリーをはてなブックマークに追加

P1010373
赤いフチが特徴の「八雲」のチャーシューにあわせて、私も赤いワンピースで(笑)。赤色が写真でもきれいに出ています! ラーメンは、最後のスープの一滴まで飲み干してしまいました(本谷さん)
チャーシューと服の色をコーディネイトするとは、さすがラーメン上級者です(編集部)

愛するラーメン情報を日々テレビやインターネットなどを通じて発信するなど、世の女子への「ラーメン啓蒙活動」に日々邁進している本谷さん。その際に欠かせないのがラーメンの写真撮影ですが、ここにも本谷さん流の「ラーメン写真道」とでも言うべき、独自の撮影ルールが存在するとか。
「まずラーメンの全貌が写真に収まるよう、どんぶり全体を真上から撮影。次に麺や具材のディテールが写るように横から撮ります。最後に、箸で麺を持ち上げた状態の通称“麺リフト”の撮影を。この3枚が、ラーメン写真の基本カットです!」


麺リフト! そんな固有名称がついていたのですね。で、一回目の記事でも登場した「八雲」の特製ワンタン麺をモデル代わりに、本谷さんが「ラーメン写真の基本3カット」のお手本を撮ってくれました! これを覚えてラーメン店に行けば、ラーメン通の階段を一歩上がれそうです。


P1010364
八雲の特製ワンタン麺、大好きなので家で再び作ってみました。いつみてもきれいなビジュアル~♪ 魚介や鶏がバランスよくミックスされたすっきり味のスープは、暑い日にもおススメ(本谷さん)
まずは基本中の基本、真上カット。全体バランスが美しいです(編集部)

P1010365
斜め横から、具材にちょっと寄ってみました! 大好きなワンタンもきれいに写っていますね。このえびワンタンのぷりぷり感は絶品です (本谷さん)
背景が自然にボケるおかげで、手前のえびワンタンのディテール、特に中身がギュッと詰まった感じや、スープにしっとり濡れた質感がとってもリアル。お腹が減ってきました…(編集部)


P1010370
麺のツルツル感もしっかり撮れました。このカメラ「LUMIX GF3」は、一眼なのにサイズが小ぶりなので片手での撮影もラクちん♪ カメラが重いと、麺リフト撮影は大変なんですよ~ (本谷さん)
これが噂の「麺リフト」! グルメ番組でもよく見かけるアレですね(編集部)



プロフィール
本谷亜紀
ラーメンを海より深く愛する現役女子大生。「ラーメン女子大生」としてテレビ朝日の『お願い!ランキング』への出演や、グルメ情報の検索サイト『ぐるなび』でラーメン情報の連載ももつ。
http://ramen.gnavi.co.jp/special/j_honya/
東京ナイロンガールズ編集部

タナカ マリ

written by タナカ マリ
ライター・編集者。あり余る体力を趣味のバイク、ランニング、サルサダンスで燃焼中。

コヤナギユウ

photo , edit by コヤナギユウ
東京ナイロンガールズ編集長。多趣味を仕事にしてしまい、結果無趣味。

食材提供

宅麺

宅麺.com ⇒通販サイトへ
お店のラーメンの味をそのままご自宅にお届けするサービス。


ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ