デートインタビュー

ベーグル女子のブロガーと雨上がりの渋谷をデート! ベーグル × 村上萌【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ベーグル女子

自滅するベーグルがいとおしくてならないんです

LUMIX G3とともにギークな女子とデートするインタビューも、もう3回目。今回はファッションブロガーとして、モデルとして、そしてFabulous Co,Ltdの取締役として活躍する村上萌さんと渋谷デートへ。実は、村上さんはベーグルが大好きで、毎食のようにベーグルを食べているそう。オシャレなブロガーの意外な一面を、渋谷をぶらぶらしながらお伺いしました!


「もう、憎めない!」ベーグルに悶絶するオシャレブロガー



――ベーグルを好きになったのは何がきっかけだったの?
大学2年生の時にNYに行ってからです。今までベーグルってぱさぱさ、というイメージがあったんですよ。でも、NYのベーグルはむぎゅむぎゅで。

――むぎゅむぎゅってどういうこと?
パンパンになって膨らんで、真ん中の穴がなくなっちゃってて、自滅してる感じ(笑)。そういうのが愛しくて仕方ないんです。

P1010402

P1010252
デートは村上さんお気に入りのBiO cafeからスタート。こちらは、「食べてキレイになる」をテーマに女性が手軽に味わえる食材にこだわったオーガニックカフェ。持ち帰りのベーグルの種類も豊富。

P1110270

P1110276
村上さんの撮影した写真がこちら。画面にタッチで簡単にピントを合わせて撮影出来るから撮りたいものへの愛情もしっかり写ってますね。店内もベーグルもいい感じ。

――好きなのは味だけじゃないんですね。
もちろん、味も大好きですよ! このBiO cafeにきたら5つは買って帰ります。オーブンで暖めたほうが絶対に美味しいから、家に帰るまで食べないようにするんですけど、時々、帰りの電車の中で我慢できなくなって匂いを嗅いじゃったり(笑)。ちょっと怪しい人ですよね~。

――ベーグルってどのくらい日持ちするの?
冷凍したら1ヶ月くらいは持つんですけど、やっぱり味が落ちちゃうんです。持って2日かな、という感じ。

――2日で5つ食べちゃうの!?
余裕です。あとは、友達にあげたり。美味しいし、かわいいから、もう本当に食べてほしくなっちゃうんですよ。

――ベーグルを写真に撮ったりしますか?
はい。朝食に庭で食べたりしているところとか、お店に並んでいるところとか。丸いから全面的に撮るとちょっと間の抜けた感じになるので、お皿やテーブルクロスの色あわせを考えたり、焦げ目を接写してみたりしますね。

P1010381

P1110301
下が村上さんの撮った写真。なるほど「むぎゅむぎゅ」感出てますね。

ここで、ベーグルの撮影をしだす村上さん。顔がメロメロです。ひたすらシャッターを切りながら「もう、憎めない!」と一言。ベーグルにそんなコメント、初めて聞きます。

P1010356
村上さんと、お気に入りの塩蜜ベーグル。「塩キャラメルみたいな感じでほんのりしょっぱくてほんのり甘いんですよ」とコメント。ちなみに今日の朝食もベーグルだったそうです。

――普段はここで何を食べてるの?
ベーグルは持ち帰りのみなので、ランチのときには、大体ロメインレタスのシーザーサラダを頼みます。パンも付いてて、アボガドや豆腐や昆布なんかも入ってて美味しいんですよ。ほか、15時以降限定のパンケーキやシュークリームなんかもたまに。

P1010391

P1010396

P1010393
やってきたパンケーキやサラダ接写しだす村上さん。「サラダの色がカワイイ! パンケーキの焦げ目がカワイイ!」と大興奮です。

P1110304

P1110314
村上さんが撮影した写真がこちら。サラダに添えてあるディップがポイントになっています。シュークリームもこのアングルから撮ると新鮮!

続いて、店内の気になるものを撮影。こちらのお店のトイレのシャンデリアは本物のベネチアングラスで出来ているのだとか。

P1010338
輝くシャンデリア。トイレにいながら、お姫様気分になれちゃいます。

P1010341
壁に書かれている文字もカワイイ! と村上さん。あちこちにシャッターを切っています。

――トイレで撮影っていうのも、不思議な感じですね。
でも、すごくキレイ! やっぱり、キラキラしたものって女の子はみんな好きですよね。

P1010332
シャンデリアと鏡に映る村上さん。とてもトイレとは信じられないカワイイ風景です。


P1110297

P1110295
「レトロ」モードで文字が描かれた鏡に映りこんだ自分を、自分撮りした村上さん。「セピア」モードのシャンデリアも何だか、フランス映画のワンシーンみたい。

――そういえば、村上さんは日本の女性の〝カワイイ!〟を世界に発信したいという野望を持っているんですよね。そもそも、どうしてそういう活動をするようになったんですか?
結構、熱い話になっちゃうんですけど、いいですか?

――もちろん!


内定を蹴って、みんなが入社式のときにベーグル食べてました

――そもそも、今のような活動をするようになったのはどうして?
大学3年生の時の就活中に、ブログ(村上萌 野望あります-Girls be Fabulous-)を始めたんです。当時は顔も名前も出さないブログでした。

――どうして、ブログを始めようと思ったの?
就活中、初めての大人の社会で、自分には出来ないことがたくさんあるって思い知ったり、納得のいかないことがあって悔しかったり。日々、気持ちが揺れ動いて、でも、これはきっと大切なことだから残さなきゃ! と思ったんです。

――でも、村上さんはインターンまでした会社の内定を結局蹴ってしまったんですよね?
PR、広告、あと外資の金融と3社から頂いていたんですが、どうしても自分のやりたいことにしっくりこなくて。素晴らしい経験をさせて頂いたんですが、辞退しました。

P1010234
撮影もひと段落。GF3を横に熱く語り出す村上さん。

――内定を蹴ったこと、後悔しなかったですか?
「私、これでよかったのかな」と悩んだ時はいっぱいありました。特に大学を卒業した年の4月1日。みんなが入社式の日に、私はひとり、家でパジャマを着てベーグル食べてるわけですよ。

――またベーグル(笑)。
ベーグルは美味しかったんですけど(笑)。一生、家でパジャマでベーグル食べてるわけにはいかない、どうしよう! ってすごく思いました。そうしたら、翌日、Miss Foever21 JAPANのコンテストに残ったことを知って。

――いきなり、すごい展開ですね。
前に原宿店に行ったときに店内でスナップを撮られたんですね。それをwebに上げて100人からweb投票をして、そこから21人に絞る、という話だったんです。でも、ずいぶん前だったから忘れていて。その日、そういえば、そんなこともあったな、とサイトを開いてみたらいきなりですよ! 驚いたけど、でも、これは何かのチャンスだ、掴まなきゃと思って。もう、確実に勝ちにいくつもりでいました。

P1010200
こんな無邪気な笑顔で〝勝ちにいく〟宣言! まさに、オトコマエ女子です。

「確実に勝ちにいく」って、村上さんは一体どういうことをしたんでしょうか?
気になるところで、後半に続きます!

プロフィール
村上萌
1987年8月16日生。2007年ミス成蹊大学 を経て、ズームインSUPER女子大生レポーターとして『おしゃれアンテナ』の準レギュラーを勤める。主に商品企画・イベント企画・ウェブコンテンツ企画・ネットプロモーション、女性のマーケットをメインにフリーランスとしてPRで活躍。2010年に法人となり、Fabulous Co,Ltd.の取締役に就任し、企業の商品開発やイベント企画に関わりつつ、モデルとしても、ファッションブロガーとしても活躍している。Miss Foever21JAPAN初代グランプリ。
http://ameblo.jp/anninsukinano/
東京ナイロンガールズ編集部

三谷晶子

written by 三谷晶子
日々、軽率に生きている文筆業。趣味は神社巡りと昼酒、肉料理を食すこと。

コヤナギユウ

photo , edit by コヤナギユウ
東京ナイロンガールズ編集長。多趣味を仕事にしてしまい、結果無趣味。



撮影協力

BiO cafe

住所:東京都渋谷区宇田川町16-14パティオI 1F
電話:03-5428-3322
営業時間:ランチタイム11:00~15:00 ティータイム15:00~18:00 ディナータイム18:00~23:00

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ