ウェブ

近江商人の商売十訓

このエントリーをはてなブックマークに追加

ooetop.jpg
  近江商人(おうみしょうにん)は、主に鎌倉時代から江戸時代、明治時代、大正時代、昭和時代にかけて活動した近江国・滋賀県出身の商人。大阪商人、伊勢商人と並ぶ日本三大商人の一つ。

 各県に渡り、幅広く活動していた近江商人は、自分たちだけに好都合な取引のみでは満足せず、第三者の目、すなわち周囲や、地域の人々のことを絶えず視野に入れていたと言います。

 そんな大身承認の商売十訓が紹介されていました。

【近江商人の商売十訓 日本経済常見問題】

1 商売は世のため,人のための奉仕にして,利益はその当然の報酬なり
2 店の大小よりも場所の良否,場所の良否よりも品の如何
3 売る前のお世辞より売った後の奉仕,これこそ永遠の客をつくる
4 資金の少なきを憂うなかれ,信用の足らざるを憂うべし
5 無理に売るな,客の好むものも売るな,客のためになるものを売れ
6 良きものを売るは善なり,良き品を広告して多く売ることはさらに善なり
7 紙一枚でも景品はお客を喜ばせばる
    つけてあげるもののないとき笑顔を景品にせよ
8 正札を守れ,値引きは却って気持ちを悪くするくらいが落ちだ
9 今日の損益を常に考えよ
    今日の損益を明らかにしないでは,寝につかぬ習慣にせよ
10 商売には好況,不況はない,いずれにしても儲けねばならぬ  

 真偽のほどは不明らしいのですが、天候や自然災害に景況が大きく左右された時代、職人の仕事がなくなると、商人の本家は、そういった時期にあえて豪華な家を作ったり、改築や修理などを行い、地域の経済を活性化させる事業「お助け普請」を行ったそうです。

ooe01.jpg
 また、近江商人の商業理念に「三方よし」という言葉があります。

 「売り手よし、買い手よし、世間よし」

 栄枯盛衰が激しい商業の歴史にあって、長く事業継続を果たしてき商人達の行動原理が集約されている言葉として、現在でもこれを標榜する企業も多いとのこと。

 確かに企業は「利益を上げる」為に存在しています。その利益が私利私欲の為だけではなく、社会の為、世間の為であるとするこの考え方を実践している企業がどれくらいあるかはわかりませんが、心の底から「買い手」のこと、「社会」のことを考えて、実行し続ける会社が増えていけば、長い不況と呼ばれている今の時代も乗り切れるような気がします。

Written by パルモ

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ