ヤッテミタ

ラーメンがなければ、パスタを食べればいいじゃない

このエントリーをはてなブックマークに追加

pasta1.jpg
 パスタが中華麺になる?

 そんな話を聞いて食いついてみました。パスタに重曹を入れて茹でるとラーメンになっちゃうらしいんです。
 
 半信半疑で調べてみると、科学的にもちゃんと立証されているとのこと。

 中華麺を作るときに欠かせないのがかんすい(鹹水)。かんすいとは、中華麺やワンタンの皮などに食品添加物として加えるアルカリ塩水溶液のことで、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)である重曹をお湯に入れると、二酸化炭素(炭酸ガス)が発生することでかんすいになっちゃうらしい。

 理系脳的に言えば......
2NaHCO3=H2O(水)+CO2(二酸化炭素)+Na2CO3(炭酸ナトリウム)
となります。

 難しいことは置いておいて、パスタをゆでてみました。

 気を抜くとこんな泡泡になるので注意!
  *重曹の分量は、大さじ1杯~2杯程度

pasta2.jpg 茹であがってびっくり!! どうやっても、どう考えても中華麺の香りです!! パスタ? パスタの香りってどんなんだっけ? と思うほど、どうやっても中華麺のあの香り。色はちょっと黄色になった気がします。

pasta3.jpg  普通のお湯で茹でて比べてみたらよかったと思いつつ、伸びる前にラーメンとして食す。

pasta4.jpg ラーメンです!(ねぎを入れればよかった!)

 私は九州(とんこつの国)出身なので、一番細いパスタで試してみました(100円均一で購入)。例えば平麺的なパスタを使って、淡々麺のスープを買ってみたら刀削麺っぽくなるのではないでしょうか。

 食べてもまさしくラーメン!!

 この麺でペペロンチーノやカルボラーナを出されたら「喧嘩売ってるのか?!」と突っ込みたくなる位、中華麺です。

 これはイイ!!

 中華麺ってスーパーなどで売っているけれど、ラーメンを食べようと思って事前に買うよりも、不意に食べたくなることが多いですよね。今回使ったスープ&具は、スープ78円、具(メンマ&チャーシュー)118円(どちらも豊島区某スーパー調べ)で、どちらも賞味期限が半年以上。これだと、食べたいときじゃなくてもストックできます。
 
 そしてこちらは焼きそば。どう見ても焼きそばなんだけれど、この麺は同じくパスタなんです。

pasta5.jpg 余りものの野菜と豚のこま切れなどあれば、急な昼食やお夜食にもおすすめ。
貧乏学生も、100均でパスタ(1束3食分ぐらい)とソースさえ買えば、いつでも焼きそばが食べられちゃいます。

 パスタでラーメン。騙されたと思って、一度お試しあれ!

Written by ぷーこ

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ