特集

封鎖された深夜の地下鉄駅で行われていたのは...?

このエントリーをはてなブックマークに追加

100321_title.jpg
  終電後の東京メトロ副都心線渋谷駅。ただ一つ、シャッターの降りかけた改札 へ繋がる地上出入口で、緊張した面持ちのスタッフが案内をしています。完全招待制な上に、招待者の本名と電話番号の提出を義務づけるという強固なセキュリティー管理をくぐりぬけたその駅構内で行われていたのは.........

 なんと線路をステージとして使ったファッションショー。
このイベント は、shibuya1000 -シブヤ・アーバン・エキスポの一環として開催されました。2012年に開通予定の渋谷-横浜間で使用される線路に、列車より先んじてモデルのお通りです。集まった観客はおよそ350人。みなさん手に手にカメラをお持ちでした。

100321_img_01.jpg

100321_img_02.jpg

 参加ブランドは、ワイルドでありつつもシルエットが 美しいNO IDや富永愛さんがクリエイティブディレクターを務めるdeep sweet easyなど4ブランド。

 力強い歌声のMASSA、ラップとの掛け合いが絶妙だったANNなどによるライブ、TATSUによるダンスパフォーマンスなども行われました。

100321_img_03.jpg

100321_img_04.jpg

 音が絞り目だったのも、地下鉄 ならではの制約だったのでしょうか。決してショーを開催するのに恵まれた環境ではない中、SHINKILOWによる幻想的な光と闇の空間演出がすばらしく、とくに驚いたのは、ミラーボールのオール手回し!手作業によるマンパワーエネルギーの底力を感じさせられました。

100321_img_05.jpg

 また、TOICHIROよるライブペイン ティングも行われました。短時間にどんどん仕上げられていくペイントアートに魅入る方も多かったようです。

100321_img_06.jpg

 そして、イベントが終了するやいなや、世界は一転します。華々しいモデルとは対象的な、作業着姿のつなぎ姿の保安員、駅員たちがわらわらと現れます。「撤収!」「撤収撤収!!」「始発までには完全撤収!!」、ただならぬ緊張感が会場を包み込みます。

100321_img_07.jpg

 実はこのイベント、地下鉄操業中の人身事故の発生により、開始時間が1 時間も押してしまったのです。これも会場ならでは、のアクシデント。ショーの構成も急遽変更せざるを得ず、さぞかしスタッフの方も大変だったでしょう。 

 しかし駅員さんたちにとっては、「電車を時間通りに走らせる」ことが、一番大事な仕事。

  「とっとと帰れ」という駅員さんの厳しい視線を感じつつも、駅構内と、誰も乗っていない車両をしっかりこの目に焼き付けながら会場を後にしました。安藤忠雄デザインの「宇宙船」を模したデザイン、冷えた空気にぴったりでした。

 一 粒で何度おいしいか分からないイベント、堪能させて頂きました!


written by あや
photo by crema & あや

profile
Shibuya 1000 shibuya1000
シブヤ・アーバン・エキスポ

刻々と姿を変える都市の様子を展示する「都市展」として開催。今年で2回目。渋谷の人々を撮影した「渋谷 1000人顔」の展示や、シンポジウムなども行われている。
http://www.shibuya1000.jp/

【参加ブランド】
【参加アーティスト】

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ