コラム

それっておもしろいの?

BLバーっておもしろいの? vol.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世の中にある、あんなことやこんなことのおもしろさを探るコラム「それっておもしろいの?」。


 今回はちょっと禁断の世界をのぞいてみたいですわね、という気分になっていたところ、秋葉原に楽しげなお店ができているという噂を耳にしたので、妊娠9カ月のデカい腹を抱えて、えっちらおっちら出かけてみました。


 というわけで、今回のテーマは「BLバー」に決定です。

image0.png

BLバーってなんぞや?

 さて、「BLバーに決定です」と言ってはみたものの、おそらく多くの人の頭の中には「BLバーってなんですか?」という疑問が浮かんでいるのではないでしょうか。そりゃそうですよね、そうだと思います。



まず、「BLバー」の「BL」ですが、これは皆さんご存じのとおり、「男性同士の同性愛を題材とした女性向けの小説や漫画のジャンル」である、ボーイズラブ(Boys Love)のこと。ちなみにBLについては、個人的に特に詳しいわけでもなんでもないので、詳細を知りたい方はいつものとおりWikipedia先生を参照していただけると、とってもうれしいです。


 で、とりあえずBLが何なのかは分かったものの、それを冠にしたバーというものが一体どんなお店なのか、ちょっと想像がつかなくて、すごく好奇心をそそられます。なんだかミステリアスで、ちょっとアブナイ感じがして、おもしろそうではないですか。



 そんな好奇心をくすぐるBLバーの名前は『Miracle JumP(ミラクルジャンプ)』。今年5月30日に秋葉原にオープンしました。お店のWebサイトによると、「当店はBL(ボーイズラブ)をテーマにしたアミューズメントバーです!」とのこと。なんでもスタッフも、アニメの「二次元スタッフ」と、リアルにお店で触れ合える「三次元スタッフ」とがいて、彼らがお客さんの妄想をかきたてながら、いろいろと楽しませてくれるそうです。


 こうして書いてみると、BL初心者には敷居が高そうな気がしますが、実際はどうなんでしょうか。悩んでいても始まらないので、さっそく行ってみましょう。

BLバーっておもしろいの?


 てなわけで降り立ったのはJR秋葉原駅。目指すBLバーこと『Miracle JumP』は、まんだらけ史上最強店舗「まんだらけコンプレックス」のすぐ近くにあります。1Fは「マンモスカレー」というカレー屋さん。その横の、ちょっとあやしげな看板が気になる階段を、勇気を出して3Fまで上がっていくと......あ、ありました。

image1.pngのサムネール画像
 部室みたいなガラス張りのドアの向こうに、こんな感じでフロアが広がっています。ここに常時4~5名の三次元スタッフが出勤し、ドリンクを作ったりホールで接客をしたりしつつ、お客さんを楽しませる演出をしてくれるんだとか。ほぉー、それは楽しそうですね。

  メニューも、「生BL(なまビール)」 (¥600)、「や○い汁(オリジナルカクテル)」 (¥600)、「鬼畜攻め!(オリジナルカクテル)」(¥700)、「誘い受け(オリジナルカクテル)」(¥700)など、BLの世界をほうふつとさせるようなラインナップがずらり。中でも一番人気なのは、2人のスタッフが席まで来てくれて、いちゃ×2しながら目の前でシェイカーを振り、カクテルを作ってくれるという「BLシェイカー」(¥1,500)。「せっかく来たんだから、やっぱ頼んでおかないと」と、記念オーダーする人が多いそうです。なるほど。

  image2.pngのサムネール画像  お店の壁にはこんなルールが貼られています。親切ですね。ちなみに、当たり前ですが今回は許可をもらって撮影していますよ。

  さてさて、こんな雰囲気のBLバー、実は働いているスタッフの男の子たちもBL好きなのだとか。女子がBLにハマるのはなんとなく分からない気がしないでもないものの、あれって男子が見ておもしろいものなんですかね......。というわけで、BLのおもしろさを男子的目線から教えてもらうことにしました。 image5.png  「BLってどこが魅力なんですか?」という、BLバーに来ておきながら大変にふざけているとしか思えない質問にも快く答えてくれた三次元スタッフの皆さん。左からしゅんくん、てっぺーくん、たいちくん。

 

 300件以上の応募があった中、勝ち抜いて採用されたというだけあって美形揃いだし、フツーにイマドキの男の子です。そんな彼らが、なぜにBLに魅力を感じるようになったんでしょうか。


 そのきっかけは?と尋ねると、意外にも「ゲーム」という答えが返ってきました。お姉さんが持っていたり、友達がウケねらいでくれたりしたBL系の恋愛ゲームをプレイしているうちに、そのちょっとしたアブノーマルな雰囲気にときめきを覚え、BLの世界にハマっていったのだそう(注:「BLの世界にハマって」と書くと誤解を与えそうですが、必ずしもスタッフ自身がBLというわけではないですよ。単にBL系の漫画やアニメが好きという意味合いだと思って読んでくださいな)。


 しかし、ゲームがきっかけですか......。それってつまり、女子が「ときメモ(=ときめきメモリアル:分からない人はリンク先をチェケラするとWikipedia先生が教えてくれます)」や「ラブプラス(分からない人はry)」をやっているうちに、相手の女の子にときめきを覚えるのと同じようなもんですかね。うーん、ちょっと違うか。



 やっぱりイマイチおもしろさがよく分からないので、どういうところが萌えるポイントなのか、それぞれに教えてもらいました。すると、「アブノーマルなところ」、「なんかあまずっぱい感じがするところ」という答えの中に、思わずひざを打つ意見が。



 「あれ(BL)って、女の子向けで絵がキレイだし、なによりモロじゃないからいいんですよね。」

 あ、その意見、なんか少しわかるかも。つまり、グラビアとエロ本の違いみたいな感じですか?



 「あー、そうそう。そんな感じだと思います。全部見えないからこそ妄想も膨らむし......みたいな。BLって妄想してナンボの世界ですから。」



 ほほー、なるほどー。それを聞いてなんか納得。


 要するに、誤解を恐れずに言うと、BLとは一種の脳内ファンタジーであり、皆がそれぞれ持っている理想の恋愛やらなんやらを、BLというフィルターを通じて妄想して楽しむというものなんですね。


 そんな感じで合ってますか?と尋ねると、「ていうか、楽しみ方は自由なんで、なんでもいいと思います!」と、さわやかな笑顔で返してくれました。そうですか! イケメンにそう言われると、自信が出ますね! ありがとう!(そして、面倒くさい質問してごめんなさい!)



 最初は向こうもこちらも緊張しながらの受け答えでしたが、いろいろ聞いているうち、お互い徐々に打ち解けてきて、最後の方はかなり楽しくおしゃべりすることができました。つまり、こういうところもBLバーのおもしろさのひとつってことなんでしょうね、うん。なんだよ、別にBL詳しくなくても楽しめるじゃん!BLバーって!!



 そんなこんなで、楽しいおしゃべりの一方、店内限定で販売されているグッズを見せてもらったり、二次元スタッフのイラストを眺めたりと、ワイワイしながら、最終的にはちょっと名残惜しい気持ちでお店を後にしました。

 三次元スタッフのブロマイド。お気に入りのスタッフをゲットして、妄想しよう!

image7.pngもちろん、二次元スタッフのブロマイドもあります。

image8.png ポイントカードのデザインは二次元スタッフ。好きなデザインを選べるそうです。

  image6.png オリジナルのコミック「腐男子まんが」も売ってます。



image3.png
 というわけで、お店に行くまで、「男同士の絡みなんて見て、何が楽しいんじゃい!」と思っていて、BLの世界に対してあまり興味もなく、楽しみ方もまったく分かっていなかった上、勝手にアウェーな雰囲気をバリバリ感じながら出かけていったものの、実際行ってみると別にBLがどうのこうのというはまったく関係なく楽しめるわ、お店の男の子たちも基本的に接客が大好きで、「いろんなお客さんと話すことが楽しい」と言っているナイスガイばかりだわで、一人でBLバーに対するハードルを上げていた自分がバカみたいに思えるほどでした。なんか、お店でスタッフの男の子たちと話しているときのリラックスした感覚は、美容院で美容師さんと話しているときのそれと、ちょっと似ているのかもしれません。

 普段の店内の雰囲気も、日によって若干の違いはあるものの、全体的には普通の飲み屋と変わらないし、スタッフも別にお客さん全員にBLの世界を無理強いするわけでもないので、気軽に飲みに行けるはず(そっとしておいて欲しそうな人に対しては、空気を読んでそっとしておいてくれるそうです)。
だから、単に「かっこいい男の子がいる飲み屋さん」という認識で普通にお酒を飲んだり、友達とおしゃべりをしたりするために遊びに行っても大丈夫!

 オーナーさんいわく「秋葉原では、女性が結構な人数働いているわりに、いざとなると女性がリラックスして楽しめる場所があまりないと思う。だから、アキバで働く女の子や、遊びに来た子たちが楽しめるお店を作りたかった」のだそう。その言葉通り、居心地が良く、女性はもちろん、男性も楽しい時間を過ごせるお店になっていると思います。
皆さん、秋葉原に行った際には、たとえ冷やかし半分だったとしてもBLバー『Miracle JumP』に足を運んでみると、意外と楽しめるかもしれませんよ。


【BLバーのおもしろさ評価】
マニアック度 ★★★☆☆
ドキドキ度 ★★★★☆
ものめずらしい度 ★★★★☆


取材協力


BLバー「Miracle JumP」
〒101-0021 東京都千代田区外神田3-2-11遠藤ビル3F
TEL:03-3251-8013(みにこい・やおいさん))
営業時間:月~木 18:00~23:00、金 18:00~翌5:00、土 17:00~翌5:00、 日・祝 17:00~23:00

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ