ガール・ミーツ・ガール

編み物女子と東京タワーデート 203gow × 東京タワー

このエントリーをはてなブックマークに追加

203gow_top.jpg
 
 ガール・ミーツ・ガール10回目のゲストは、ユニークな発想と手法で編み物道を切り開く編み師203gow(ニイマルサンゴウ)さんです。

 203gowさんは、ブログ「へんなあみもの」を中心に編み物作品を発表し続け、国内外から高い評価を得ています。昨年秋からは、坂本龍一が主宰する音楽レーベルcommons(コモンズ)とのコラボレーションも開始。北海道出身で、現在は岐阜県在住なのにもかかわらず、遊び場所は東京という203gow さんと東京タワーでデートしました。

Photo & Text:Ya-ko



当日はさわやかな冬晴れ。青空に東京タワーがくっきり

初めての作品も変だった


──編み物で作品作りを始めたのはいつからですか?

 十数年ほど前からです。当時、たまたま近くにあった毛糸で遊んでいるうちに、変な編み物ができあがっていきました。少しずつ作品作りを続けて、ミクシィ(ソーシャルネットワーキングサイト)で作品を掲載し始めました。

──最初はミクシィからスタートしたんですね。

 そうです。作品を発表する場としてはミクシィがウェブ上で初めて。自分のコミュニティーを作って、どんどん作品を掲載していくと興味を持ってくれる人が増え、交流していくうちにますます変なものを編むようになりました。そして、ブログ「へんなあみもの」を始めてみたら、海外からの反響も集まるようになり、海外SNSサービスの編み物サイト「ravelry(ラベリー)」へ参加しました。



東京タワーすぐ横にあるGARB pintino(ガーブピンティーノ)でランチ

──ブログや海外サイトで作品を発表しだしてからの反響は?

 ミクシィでは編み物をしていない方も興味を持ってくれていました。ラベリーでは編み物を中心に世界各国の人と交流できるので、作品についての率直な意見が聞けるようになり、とても楽しいです。「好き!」「すごくおもしろい!」「信じられない!」など、アメリカやヨーロッパ、アジア、オーストラリアほか、各国のニッターからダイレクトにコメントを頂けのは嬉しいですよ。どちらかというと、日本人よりも率直な意見が寄せられますね。


店内からは東京タワーがこのように見えます

──たしかに、日本人は素直にいいと表現することは少ないかもしれないですね。それに、知名度やブランド力を要求しがちなのかも?

 知名度があるかないかで判断するよりも、その作品について良い、悪い、好き、嫌い、と自分の意見をしっかり持っているのは外国人の方でしょうね。なので、素直な短い言葉も重みが違いますよ。



編み物作品を実際に持ってきてくださいました。私が一番気になっていた「編み蛇口とレモン石鹸ネット入り」を実際に見られて感激

──国内外から作品についての感想を寄せられて感じることは?

 いろいろと意見や感想をいただいて、一番苦戦するのは英語なんです。作品そのものは言葉の壁を乗り越えて私の手元から遥か彼方で独り歩きしていますが、私自身は言葉の壁にぶつかっています。私の独特な言い回しの日本語で書かれたブログを見て理解できないこともあるようです。でも、作品そのもので理解しあえているので、それはとても嬉しいです。

──日本語の語感を英語で表現するのは難しいですよね......。

 日本語の語感を英語で表現できるようになることが、今年の目標です。いまは海外の人が私のつたない英語の意味を汲んでくれて、会話が成り立っている感じです。本当に海外の人は優しい人が多いですよ。英語でも作品の良さをビシッと伝えられるようになりたいです。だけど、「英語を勉強する!」と数年前から宣言しているんですよね......。



「編み灯籠風鈴」とdaily vitaminsの連載タイトル「あみつぶし」。編み物とは思えない立体感です

インターネットの凄さを感じています


──ウェブ上の発表を通して作品がどんどん広がっていることがいまの活動につながっているのでしょうか?

 そうですね。主な発表の場がウェブ上なので、日本をはじめ世界へも作品が自由に飛び回れるインターネットの凄さを感じています。作品がインターネットを通じてあちらこちらにさまよい続けて、いつしか編み物での交流やお仕事につながったり、TVや雑誌にも一部取り上げられるようになってきました。最近では、dailyvitamins(デイリービタミンズ)というヒマつぶしサイトで、「あみつぶし」という編み連載も行っています。この連載では、編み物でヒマをつぶしてもらいたいと編んだ作品を載せています。

daily vitamins.jpgのサムネール画像
「あみつぶし」が掲載されている全力でヒマつぶしをするサイトdaily vitamins。たくさんのヒマつぶしコンテンツが掲載されています

 昨年10月には、音楽家の坂本龍一さんの推薦を頂き、、ISETAN LIVING × more Trees(モア・トゥリーズ)「イセタンリビングデザインタイド2009」で鳩時計のカスタマイズと伊勢丹新宿店のショーウインドウを一面編み物で飾りました。ショーウインドウや舞台などを一度編み物で飾ってみたいと思っていたので、とても楽しかったです。勉強にもなりましたし、作品の可能性も広がりました。また、坂本龍一さん主催の音楽レーベル commmons(コモンズ)とコラボしたグッズを作り、昨年末に坂本龍一さんのコンサート会場で販売しました。今はcommonsmart(コモンズマート)のサイト内で販売しています。


おなかがいっぱいになったところで、目的地東京タワーへ向かいます。まずはお店の前から見上げるように愛用の一眼レフで撮影タイム

──坂本龍一さんからの推薦というのがすごいですね。

 ある日突然坂本龍一さんと名乗る方からメールが届いたのがきっかけでした。私の編み作品を素晴らしいと評価していただいている内容でしたが、私自身音楽に携わっている訳ではないのできっと悪戯メールだと思い気に留めずにいたんです。その後1カ月ほど後に、坂本龍一さんが代表を務める more Trees(モア・トゥリーズ)からイベントの打診があり、そこで初めて坂本さん本人からのメールだと分かったんです。びっくりして、あわててメールを返信しました。



大展望台への入場チケット(820円:税込)をチケットカウンターで購入し、エレベーターで一気に大展望台へ昇ります

203gowよりも作品を見てほしい


──ほかに、203gowさんの編み物生活にはどんな変化がありましたか?

 悠々自適に編み、深海魚のような編みライフを送っていたんですが、いま急に海面へ浮上している感じでその流れに付いて行くのがやっとです。ウェブサイトやテレビ番組でも編み作品を取り上げていただいてとても嬉しく思っているのですが、どうしても内容が作品のことから作り手である私本人の話に変わってきてしまうんです。できれば、203gow本人よりも作品を見て何かを感じてほしいと思っています。

──かなりお忙しく精力的に活動されているのがブログを読んでいても伝わってきます。

 3縲鰀4年程前からぽつりぽつりとお仕事を頂く機会に恵まれて東京に出向くことも多くなりました。以前から東京へは遊びに来ていましたし、友人も東京にいるので上京する回数はわりと多いです。ずっと遊び場も仕事場も東京派だったんですが、最近になって大阪へ出向く機会があり、大阪と京都にも興味をもっています。いま岐阜市住まいなのですが、大阪と京都は岐阜から近いというのも魅力のひとつです。



展望台からの景色を堪能しつつ、さらに作品を見せていただきます。「木の手」は、木をモチーフにした手袋。実は指の出し入れが可能な作品です

──個展も開催されていますが、海外でも個展を開催したいと思いますか?

 はい。国内初の個展では、東京神保町の手芸本屋「アートブックショップ」の店内ギャラリーを編み作品で埋め尽くしました。たくさんの人とお話しする機会に恵まれとても楽しく盛況でした。個展をきっかけにお仕事をいただく機会にも恵まれました。海外でも個展を開くのは夢です。ただ、いまの状況だとまだまだですね。もっと腕を磨かなくてはいけないと思います。



続いてタコと「編みロボ」が登場。この編みロボは手足が可動式で自立もします

──今回のデートスポット、東京タワーを指定された理由を教えてください?

 私にとっての東京のシンボルのようで、色も形も好きなんです。新幹線や街を歩いて東京タワーが見えると、「ああ、東京だなぁ」と思います。もちろん、お土産も蝋人形も、そして特に夜のライトアップされた東京タワーが好きですね。以前はよく足を運んでいました。

──では、今回は久しぶりの東京タワーですか?

 そうです!しかも、昼間の東京タワーに来る機会も最近はなかったので何年ぶりかな?以前来た時はあまりの混雑で展望台には上がれずそのまま帰りましたが、今日は展望台まで上がれたので久しぶりに堪能しています。

最近になって少し編み物の勉強してるんです



commonsmart(コモンズマート)で現在販売中の作品3種類も登場

──作品作りは、何か計画を立ててから作るタイプですか?それとも感性の赴くままに作るタイプですか?

 その時々なのですが、ほとんど赴くままに編みます。イラストを起したりするのは稀ですし、編み図(編み物用設計図)は意味がわかりません。でも、最近になって少し編み物の勉強してるんですよ。だけど、編み物本を見ながら一目一目編む度に具合が悪くなってきて寝込んじゃうんです。適当に編むのが一番私に合っていると確信しました。やっぱり、編みたい形を想像しながら即興で編むのがとても楽しいです。

 編みたい物が決まっている場合は、資料をとことん集めます。写真や図鑑を参考に正面、両側面、裏面が揃えば、だいたい立体にして編む事ができます。リアルだけど、どことなくリアルではない。そんなバランスの悪さを編みで表現してます。それっぽく見えるかもしれない編みです。


晴天だったので、お台場がきれいに見えました

──感性の赴くままの編みと、とことん分析する編みの両方がいい感じで203gowさんの世界を作り上げていると思います。作品作りの姿勢から、難しいなと感じたり、苦手だと思うことはありますか?

 よく編み物を教えてくださいと言われるのですが、人に教えることが難しいです。基本中の基本、コマ編みくらいは教えられると思うんですが、その後はテーマを決めて自由に編んでください、となってしまいます(笑)。
教本がないので、その時のその思いつきを編んで楽しむワークショップを一度試してみたいですね。そのワークショップで思いもよらない物が出来るとますます楽しくなってくると思います。

commonsmart.pngのサムネール画像
203gowさんの作品が手に入るcommonsmart(コモンズマート)の特集ページ。すでに在庫僅少の商品も

 あと、commonsmartで販売しているコラボグッツの制作をしていますが、私は同じ物を複数編む事が苦手なタイプなのと一人で黙々と制作しているので、どうしても完成品の数に限りがあるんです。でも頑張って編んでいます。


203gow_020.jpg
大展望台から降りて、タワー内を散策。みやげ物屋に売っているグッズを見ながらぶらぶら

──最後に、編み師203gowとしてこれからやりたいことや目標を教えてください。

 これからも、まだまだ編んでみたい物がたくさんあるので、時間の許す限り編み続けていきたいですね。面白い形や自分の好きな形を編み物でもっと追求し再現したいし、大きな編みのオブジェにもチャレンジしたいし、もちろん、笑える愉快な編み物も。世界を編み尽くしたいですね(笑)。

203gow_021.jpg
次は帝国ホテルで打ち合わせということで、東京タワーから御成門駅まで歩きました


──ありがとうございました。


撮影協力

GARB pintino(ガーブピンティーノ)
住所:東京都港区芝公園3-5-4 渋澤ビル1F
TEL :03-5472-1057
営業時間: [月~水・日・祝] 11:30~24:00 [木~土・祝前] 11:30~翌3:00
ランチ営業、夜10時以降入店可、夜12時以降入店可、日曜営業
東京タワー
住所:東京都港区芝公園4-2-8
TEL :03-3433-5111
展望台営業時間:9:00~22:00(年中無休)


203gow(ニイマルサンゴウ)

☆自称:編み師・・・・・・・☆かぎ針編みで「へんなあみもの」を作る事が生きる道。☆海の生き物、特に蛸&クラゲ&ウミウシを編む事が得意である。☆只今、あみあみ修行中。

へんなあみもの

大きな地図で表示

東京タワー(東京都港区芝)

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ