ガール・ミーツ・ガール

一歩入ると昭和の香りが漂う街「池袋」with メレ山メレ子

このエントリーをはてなブックマークに追加

mereko_top_1.jpg
ゲストの女の子にとっての「飾らない場所」でデートするフォトセッションインタビュー。
8回目のゲストは、写真と手書き地図でつづる旅日記ブログで登場した秋田犬「わさお」が注目を浴び、人気旅日記ブロガーとなったメレ山メレ子さん。

パソコンに触れたのは大学に入ってから。パソコンを手に入れてからインターネットに接続するまでは1年ほど経っていたという彼女は、日々感性豊かに過ごしています。今回は、以前住んでいたという池袋を一眼レフカメラを持って一緒に散歩してきました。

Photo & Text:Ya-ko




まず向かった南池袋・雑司が谷にある鬼子母神堂。到着するとすぐカメラを構えていました。

普通の会社に勤めています


──メレ子さんは今年京都から東京に戻ってきたんですよね?

 はい。東京には以前大学時代に住んでいて、その時池袋にいました。その後、東京は何かとお金がかかるし、京都に移り住みました。京都では2年ほど過ごし、「京都はもう満足」と思ってもう一度東京に戻ってきました。

──なるほど。京都生活はどうでした?

 そうですね......。住んでいた場所は山側だったので、市街地まで出るのには少し不便でしたが、いろんなところに足をのばしました。京都にいた時も、頻繁に東京には来ていたんです。新幹線もあるし、東京に出る分には不便は感じなかったですね。



鬼子母神堂の絵馬は素焼きの鈴タイプと木製タイプの2種類。めずらしいのでしばし2人で見つめてしまいました。

──大学時代に池袋に住んでいたんですね。

 ええ。大分出身で、大学進学で上京して池袋に住んでいました。その時は結構古い家に住んでました。今もし案内してと言われたらちょっと恥ずかしいかも(笑)。

──大学ではどんな勉強をしていたんですか?

 法律系の勉強をしていましたが、大学で勉強していたことはすべて忘れてしまいました。今は旅行・ネット・文章を書くこと等のいずれとも関係ない普通の会社に勤めています。



妙見堂から境内をさらに進むと見えてくるのが江戸時代から続く駄菓子屋 「上川口屋(かみかわぐちや)」 。思わず駄菓子の思い出に話が膨らみます。

わさおの記事のどこがウケたのか今でも不思議


──メレ子さんのブログといえばわさおとは切り離せないと思うんですが、わさおブームを今振り返るとどうですか?ブームの時は結構忙しかったのでは?

 わさおが登場する旅日記「イカの町で出会ったモジャモジャ犬「わさお」」は、昨年の5月末にブログで公開しました。私が訪れた青森の「鯵ヶ沢」という街で出会った白い秋田犬を私が「わさお」と名付けて紹介したら、その記事が話題になりました。

merekowasao.jpg
メレ子さんのブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」で一躍有名になった秋田犬の「わさお」。

 わさおがブームになった時も、それ以降も、忙しかったのは私ではなく、飼い主さんとわさおですね。私はあまり忙しいとは思いませんでした。でも、いろんな反応があって驚きました。そういえば去年今頃は新聞からわさおブームについてのコメントを、と依頼を受けていましたね......。

実は、わさおの記事はどこがウケたんだろうって今でも不思議に思うんです。


上川口屋を過ぎると名物の大イチョウが見えてきます。12月に入ってもまだ葉がたくさん付いていました。

1記事につき12時間くらいかかっています


──ブログ歴は何年くらいですか?

 ブログは大学に入ってから始めました。周囲の先輩がはてなを使っていたので、最初からはてなダイアリーを使っています。ブログ歴を数えるとトータルで3年ほどになります。今はパブリックモードで記事を書いていますが、以前はプライベートモードで書いていて、周囲の友達に見せる日記のような用途で使っていました。はてなダイアリーには旅行記ブログが多くて、見るのも面白いですよ。



「前来た時はネコがいっぱいいたんですけど...」と話している途中奥の方にいた子ネコを発見。

──ブログ歴が3年......。パソコンを手にしたのはもっと前ですか?

 パソコンを手にしたのは結構遅くて、大学に入ってから姉から譲り受けたのがきっかけでした。でも、それから1年くらいは手続きが面倒でインターネットには接続していなかったんです。ネットにつないでからはこんな世界があるのか!と驚いて、色んな事を調べたり見たりしていました。でも、ずっと発信せずにいたのであまり楽しくはなかったですね。ブログなど発信することを始めてからネットはとても面白くなりました。

──え、1年つなげてなかったんですか!?

 昔ってプロバイダーの手続き面倒だったじゃないですか?それで面倒に思っている間に1年経っちゃったんです。


さっと一眼を構え撮影していくメレ子さん。視点の広さに驚かされます。

──メレ子さんの記事って結構長いですよね。1記事あたり書くのにかなり時間がかかっていそうだなと思うんですが......。

 ブログは写真の選定作業の時間から考えると、1記事につき12時間くらいかかっていますね。長文傾向なので、どうしても時間がかかってしまうんです。
手書きの地図イラストは、ぱっと見てどこをどう回ったのか、距離感が分かるようにと思って始めました。写真や文章だけだと足りない温度が出るから大事にしているんですが、とても手間がかかり、結構ハードルは高いです。


鬼子母神の境内を抜けた裏手すぐにある昔ながらの洋装店。まるで時が止まったかのような印象です。

旅行のヒントは電車の中に落ちている新聞からも


──旅行先を選ぶ基準やヒントについて教えてください。

 愛読している旅行記ブログを参考にすることも多いですが、きっかけは様々です。脳のどこかで常に旅行情報を求めてる状態なんだと思います。
電車の中に落ちていたローカル紙の記事を見て、京都のインコがいる銭湯に行ったこともあります。

──私のイメージだとメレ子さんはかなり頻繁に旅行しているイメージがあります。

 旅行に行くのは3カ月に1回の割合くらいです。結構頻繁に旅行に行っているイメージを持たれるんですが、ブログの旅行記が1回の旅行で複数の記事に別れているからだと思います。最近は忙しくて行きたくても行けなかったんですが、近々台湾へ4泊ほど旅行する予定です。その時に写真をたくさん撮ってまた旅行記を書こうと思っています。今からとても楽しみです。


鬼子母神のある南池袋・雑司が谷から池袋方面に戻る道に都電荒川線が通っています。

ブログの「メレ子」と普段の「自分」は違う


──お話ししていると、ネットといい距離感を保っているなと思います。ブログのメレ子さんと普段の自分って違うタイプですか?

 はい、違います。メレ子はあくまでブログの、インターネット上のメレ子で、普段の自分とは分けています。職場の人も私がメレ子だということは知らないですし、知られてしまったら恥ずかしいです......。



中国茶専門喫茶店「梅舎茶館(めいしゃちゃかん)」。今年で開店10年目を迎える12席の小さなこじんまりとしたお店です。

──日常にネットが食い込んだりすることはなく、自分のペースで距離があるイメージですね。ネットで知り合った人と実際に会うことはありますか?

 そうですね......。ネットで知り合った人で言うと、旅日記ブログ仲間とたまに会う程度です。パソコンも日常毎日使うという感じではないですね。あまり良いスペックの物ではないというのもあって起動するのに時間がかかるので、最近はもっぱらiPhoneでメールチェックなどしています。



店内には茶器や茶葉、雑貨などがディスプレイされています。

──メレ子さんのブログは写真をたくさん使ってますね。普段写真撮影はしますか?

 写真撮影は近場や日常で行うことはほとんどないです。撮影するなら撮影するために遠出をするイメージ。つまり、旅行に行った時に撮ることがほとんどです。撮影には結構熱中するタイプで、たまにすごい格好で撮ってる時もあります。

──カメラはデジタル一眼レフを使ってますね。(オリンパスE-3)

 最初はコンデジ(コンパクトデジタルカメラ)を使っていたんですが、デジタル一眼レフを使うようになりました。やっぱり一眼を手に取るともうコンデジには戻れないかなと思います。まだまだブログサービスの容量制限が厳しくて、写真が1枚2枚程度、とても小さいサイズしか載せられない時から、写真は必ず載せてました。



頂いたのは草蘭香単叢。お茶菓子とセットで2,000円(税込)。ふんわりとフルーティーな香りのお茶と、種類豊富なお茶菓子に癒されます。

──普段はどんな週末を過ごしていますか?

 普段は、のんびりした週末を過ごすことが多くて、好きな中国茶のカフェに行ったりします。昔は上野で遊ぶことが多く、いわゆる六本木や青山のようなおしゃれなところには縁がなかったんです。でも、最近はでも最近は行動範囲を広げるようにしています。

──中国茶が好きなんですね。

 中国茶はフルーティーな香りのする鳳凰単叢などが好きです。プーアール茶などクセのあるものはあまり好きじゃないですが......。
とはいえ、ほとんど詳しくないので名前や説明文を見て気になるものをいろいろ飲んでみている状態です。

旅日記を地道に、執拗に


──メレ子さんのブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」の本「メレンゲが腐るほど旅したい」が発売されましたね。いつ頃出版の話がきたんですか?

 2008年の11月に発売の打診をいただき、2009年7月に発売しました。打診いただいてから、2009年3月には過去記事の選出・書き下ろし分については大体まとまったのですが、どこを削るかとか写真をどう配置するかなど、紙ならではの作業がけっこう難航しました。

メレンゲが腐るほど旅したい メレ子の日本おでかけ日記 (P‐Vine Books)
メレンゲが腐るほど旅したい メレ子の日本おでかけ日記 (P‐Vine Books)

──本の出版の話が来た時、どんな気持ちでしたか?

 同時期にわさおの写真集等についてのお話を数件頂いていました。他の出版社でもわさお本の企画が進んでいることと、わさおについては鯵ヶ沢観光協会が窓口になることをお伝えした上で、「ではメレ子さんの過去記事と書き下ろしで、わさおだけでない旅行の本を作りたい。」と回答してくれたのが出版元のブルース・インターアクションズさんです。
本作りのプロの方々に認めていただいたのが素直にうれしかったです。

──そうですね。それはうれしいですね。本を出版した後の反響はどうでしたか?

 「紙だといつも手元に置けるから楽しい」「子供がおまけシールで楽しそうに遊んでいます」 などの声をいただき、とてもうれしいです。
「もっと書き下ろしの部分を増やしてほしかった」というごもっともな意見もあり、ブログとはまったく別の本をいつか作れたら楽しいかなと考えています。


iPhone片手に散策。「道に迷いやすいので便利です!」と笑顔。

──個人的にメレ子さんのファンなのでお会いできてうれしいです。これからも旅日記を楽しみにしています。

 ありがとうございます。これからも地道に、執拗に続けていきます。まずは次の初海外旅行が楽しみです。あとは、富山のホタルイカ漁を見たり、産業遺産・軍事遺産をもっとめぐりたいと思っています。
これからも特にジャンルを設けず、自分が面白そうだと思ったところにはどこでも出かけて行って適当なコメントをしたいです。

──ありがとうございました。

撮影協力

梅舎茶館(めいしゃちゃかん)
住所:東京都豊島区南池袋2-18-9-203
TEL :03-5428-6368
営業時間:12:00縲鰀19:00
定休日:月曜日・火曜日



メレ山メレ子

大分生まれの20代。東京の大学で法律系の勉強を終えたのち、京都に引っ越し、現在再度上京。ブログ名の「メレンゲが腐るほど恋したい」は「ゲレンデがとけるほど恋したい」を換骨奪胎したくてつけた。 興味のある分野は写真、旅行、猫、虫、魚、その他動物。好物はマンゴー、担々麺、ごま豆腐。
メレンゲが腐るほど恋したい

大きな地図で表示

池袋駅(豊島区)

JR山手線
JR埼京線
JR湘南新宿ライン
西武池袋線
東武東上線
東京メトロ丸の内線
東京メトロ有楽町線
東京メトロ副都心線

ページトップ

人気ブログランキングへ ブログパーツ